本日のメニュー

 

こんばんは!

フットワークの軽い、スポーツ大好き宇都宮の税理士 永井です。

今日はお金と縁は天下の回りものという話について

いろんなものをギブし続けないと、テイクはなかなかされないのかなぁという。

 

 

お給料を頂く生活では実感できない

 

ずっと会社員でした。

毎月のお給料で生活してきたわけです。

お給料で生活する世界では、今やっている仕事と毎月いただくお給料とが結び付きません。

いくら必死で頑張っても、お給料は多少増えるのかも知れませんがそんなに変わらない。

 

ところが、自営業者となるとその点が変化します。

それなりに働こうという考えに陥ることはありません。

それなりに働いてうまく行くほど世の中甘くないよなぁと。

一日、一日が勝負ですし、一回一回が勝負です。

 

また、自分自身が商品となります。

そのため、一応身なりなどには気を使ってるつもりです。

 

投資と回収の無限ループ

 

一事業者となると”それなりに働こう”なんていう意識はなくなります。

何もしなければ、何も入ってこなくなる訳です。

よって、常に考えて、考え抜いて何かをしなければならない。

 

何かすればしただけ帰ってくるということはほとんどありません。

これが自分がビジネスが面白いなぁと感じる点であります。

 

何か種をまいておけば、そのうちいくつかは何倍にもなって帰ってくるかもしれません。

あくまで可能性の話になりますが。

帰ってくるか、帰ってきそうなところに投資しておけばいい訳です。

どこに投資するかの見極めが重要です。

いずれにせよ投資しなければ、帰ってきません。

 

その投資がお金なのか、モノなのか、労力なのかはさまざまですが、

お金の場合が多いのではないかなぁと。

 

たとえば、一般的なケースとして。

 

会費を払って交流会に出席するとします。

その交流会で出会って、お話ししたことがきっかけでお仕事の依頼が来る。

交流会の会費と時間の投資がお仕事の報酬として、何倍にもなって帰ってきたと仮定してみましょう。

 

ああ、お金がまわるというのはこういうことなのかと言う感覚が実感できます。

至極あたりまえのお話しなのですが、私はお給料を頂いている間はこの感覚を味わうことができませんでした。

理屈では分かっていたのだと思います。

しかし、現実の感覚として味わうことができたのは、独立開業してみてのおかげですね。

 

 

一日一新

 

マウンテンデュー

とあるシップ

 

 

編集後記

 

今日は午前中はチビと遊んでから、お客様の月次チェック

午後は金融機関さんに行った後に、お客様とお打ち合わせ

帰宅後は実家に初盆の準備に

 

お盆の影響もあり、スーパーと道路も空いているような気がしています。

未だにみんなでお盆は休みという会社が多いのですかね。

個人的には、みんなで同じ日に休むのは苦手でした。

Follow me!

PAGE TOP