本日のメニュー

 

今日は”無欲は怠惰の基”について

朝から良い言葉を聞いて、テンションが上がりました。

 

 

渋沢栄一の言葉らしい。。

 

朝起きたらNHKでパラリンピックのニュースがやっていました。

水泳で銀メダル2つ取った14歳の山田美幸選手が出ておりました。

山田選手は生まれつき両腕がなく、両脚の長さが違うらしいのですが、巧みに両足を水中で回すようにキックを打っているらしいのです

 

座右の銘をアナウンサーに聞かれて”無欲は怠惰の基である”と仰っておりました。

山田選手のお話では、何事も真剣に取り組めば当然”欲”がでるでしょと。

もっともっと上に行きたいとか。メダルを取りたいとか。

欲が出ることは悪いことではないと思い、自分の欲に素直に従って全力で取り組んでいきたいと。

 

確かに、言われてみればそうですよね。

本気で練習すれば、優勝したいですし。

本気で勉強したら、合格したいでしょうし。

夢はある意味、欲に通ずる所があるかもしれないなと。

(欲の種類は、人それぞれかと思いますが。)

私が14歳の時にこんなこと言えたかな?と。

達観していた同級生に”ジジイ”とか言って怒られてはいましたが。。(‘ω’)

 

最後に自分の欲に従ったのは、税理士試験の時でした。

あの時と中学校の受験の時は、不思議な力が漲っていた気がします。

欲も悪いことに使えば”争い”になりかねないので注意は必要ですが。。

欲を満たすために手段を選ばなくなったら、それは自分をコントロールできてない”欲の奴隷”だなと。

 

”欲”をネガティブにとらえる、または”無欲=美しい”と考え方もあるかと思います。

しかし、”欲”を正しい使い方をすれば、成功への強烈なガソリンになるかと。

簡単な例で言えば「○○が欲しいから、仕事を頑張る」とか

「人の命を救いたいから、医師になりたい」とか

人間がここまで進化してきたのも欲があったからでしょうし。

人の役に立つ”欲”なら尚更いいじゃん!って思います。

 

いつも通り話は脱線しますが、パラリンピックの選手たちの、笑顔が素敵でいいですよね。

あんまりオリンピックは見ませんでしたが。。

パラリンピックのデイリーハイライトは見ていると心が癒されます。

純粋にスポーツを楽しみ、挑んでいる姿もいいです。

選手たちも色々大変なことあっただろうな思うと、今自分の置かれている大変さなんてちっぽけだなって。

別に競うつもりはありませんが、負けてらんねぇ!って

 

一度きりの人生です。欲に素直に突き進みます。

 

 

一日一新

 

携帯電話の料金の見直し。

 

 

チビ日記

 

チビが一週間ぶりに自宅に帰ってきました。

より一層しゃべるようになっていてびっくりしました。

トイレトレーニングはまだまだ続きそうです。

Follow me!

PAGE TOP