本日のメニュー

 

こんばんは!

フットワークの軽い、スポーツ大好き宇都宮の税理士 永井です。

今日は税理士のキャッチコピーについて。

私は”生まれ育ったこの街に 小さな恩返し”と”税理士っぽくない税理士”というのを大切にしております。

 

 

何をPRして行くか

 

開業すると、HPの制作やパンフレットを制作する中で自己PRを考えます。

自身の”経歴”、”強み”が一般的だなぁと

個人的には”経歴”、”強み”より気になる点があります。

 

それは”相性が合うかどうか判断できるPR”かどうかです。

”人柄”、”趣味”、”家族構成”、”生い立ち”などなど。

(サービスの内容で比較するのは難しいのではないかなぁと)

 

 

経歴、強み<人柄

 

なんだかんだ勝負は”人柄”になるのかなと

人柄をどう解ってもらおうか?というところが重要になります。

(経歴や強みがすごくても、人柄が悪い、合わない人には頼まないでしょうし。。)

これが意外と難しくて、経歴だけでもいいか…となりそうに。

 

しかし、税理士業は商品を売っているわけではありません。

”税理士の自己PR”=”商品・製品のPR”となるわけです。

そもそも経歴や対応業務だけが書いてあるHPは見る気になりますでしょうか?

 

知りたいのは雰囲気や合いそうか?などなど

だから税理士も外見、趣味、性格、人柄、生い立ちが重要だよなぁと。

それにプラスアルファで”キャッチコピー”ではないかと考えています。

 

 

キャッチコピーは馬鹿にできない

 

お口の恋人=ロッテ

あなたと、コンビに、ファミリーマート=ファミリーマート などなど

 

これはほんの一例にすぎませんので、税理士業界に当てはめることができるかどうかは不明ですが。。

自分が税理士を探すときは”相続税に強い”や”〇〇業に特化!コンサルに強い!”など

自分が探したい、興味があるタイトルのHPをとりあえずクリックするするよなぁと。

やっぱりキャッチコピーは馬鹿にできないです。

 

そんなこんなで自分が結局キャッチコピーにしたのが、

”生まれ育ったこの街に 小さな恩返し”と”税理士っぽくない税理士”というもの。

せっかく地元にUターンしたこともあります。

また、いわゆる一般的な税理士象を払拭したいよなと。

 

自分の思う”税理士っぽくない税理士象”を極めていきたいよなと。

これからもフットワークの軽い、敷居の低い税理士でお客様に寄り添っていきたいなと思います。

 

 

一日一新

 

cafe Marioさんの タコライス

(久しぶりにお邪魔させていただきましたが、雰囲気サイコー!!次回はカレーにします。)

 

 

編集後記

 

今日は午前中はお客様の月次のチェックとお客様の月次訪問

帰宅後は財産の評価とIT補助金の確認といった感じでした。

IT補助金は開業初年度は使えなそうです。。

 

16日の土曜日はチビの入園式の予定でした。

しかし15日に熱を出したので、お休みとなりました。

前回の熱性けいれんの恐怖があるので、ビクビクしながら様子を見ていました。

今回は特にけいれんを起こすこともなく、無事に治ったようです。

入園式の写真は右上に〇で囲まれて載るんでしょうか?(笑)

Follow me!

PAGE TOP